• TOP
  • セントロフェリシタについて
  • セントロフェリシタとは

セントロフェリシタとは

セントロフェリシタコンセプト

イタリア語で幸せのまんなかという意
古き良きものを大切に、またそこに新しい風を吹き込み
自由にものを作り上げていきたいという
想いが込められています。

そしてそれらを通してたくさんの人々に
幸せを感動を贈りたい。
そんな想いからセントロフェリシタは作られました。

コンセプト

想いを形に
今この気持ちは、どうして残したら・・・
そして、どうして伝えたら・・・
何にもかえられない特別な想い
まさしく、際立つ溢れ出る想いは、ダイヤの光そのもの。

見えないから、それが見えた瞬間、かけがえのないもの
伝える幸せ、伝わる喜びとなり・・・
一生の宝物、心に残る忘れられない感動
心が揺さぶられる
そして、強い決意の瞬間。

私たちは、笑顔がみたい、幸せにしたいと
強く、強く憶う。
心の力を信じたい。
どんな困難にも立ち向かえる愛の力。
誰もが幸せに時を刻む世界に・・・
幸せのまんなかに、いつまでも、どんなときも。
この輝きが時を超え、受け継がれることを
強く、強く願う。

セントロフェリシタのこだわり

セントロフェリシタの歴史

セントロフェリシタとは、イタリア語で幸せの真ん中。
80年以上代々受け継がれてきた宝石商は、夢であったブライダルブティック「セントロフェリシタ」を2003年に立ち上げます。それまでに幾度となく訪ねていた、イタリアに感銘をうけます。

古いものを大切にしていきながら、常に新しいものを生み出すイタリアの文化。南イタリアの町並みを高台から眺めながら、80年の遥かなる伝統に想いを馳せ、セントロフェリシタは生まれました。

これから、人生をともにするお二人のために、幸せのお手伝いができることを願っています。

デザインへのこだわり

「ストーリーオブリングス」の幸せのフォルム。
セントロフェリシタがつくり出すストーリーオブリングスは、デザイナーが想いを込めて一つ一つ大切に創られています。

おふたりの幸せの形は個々様々に重なり合い、幸せのフォルムを描くことでしょう。二人の物語は、薬指に息づく輝きとなり、愛の形となります。

一途に想う一筋のライン。
時をつなぐ無限の愛。優しさに包まれた、ふっくらとした輝き。
二人で歩む、畦道寄り道。全部、ふたりが出会った奇跡がもたらした形。
そんな形は二人の宝物。

二人が紡ぐ赤い糸のように、ストーリーオブリングスは薬指を包み込むデッサンのようにありたい。

美を追求した、ものづくりへのこだわり

ストーリーオブリングスは、専門の職人が一本一本、心を込めて丁寧にお造りしています。 素材の輝きを引き立てる微細なデザイン部分まで気を配り、正確に入念に造り上げていきます。

素材はブライダルリングにふさわしいハードプラチナ、ハードゴールドを使用。世界レベルの物造りを研究するため、ヨーロッパのハイブランドの工場まで赴き、より多くの技術と優れた製法を学んでいます。

また、マテリアルの美しさが最大限に表現できるよう、セントロフェリシタ規定のプロダクトチームが入念にチェックしています。
一生もののリングを造るのにふさわしい、プロフェッショナルの技がここにあります。

究極の輝きを目指す、ダイヤモンドへのこだわり

“4C+究極の輝き”
二人の人生に輝きを添えるダイヤモンド選びは、最も重要なポイントです。ダイヤモンドは、無色透明が良質とされています。無色だからこそ輝きを楽しむ唯一の宝石です。

ダイヤモンドの輝きは、何によってもたらされるのでしょうか。それは、人間の手が生み出す繊細なカットです。
カットによりダイヤモンドの原石は形を変え、ファセットが刻まれるごとに輝きを増していくのです。

セントロフェリシタのダイヤモンドの選定は、4Cの基準のみならず、究極の輝きを追求しています。
ダイヤの根本的な輝きはブリリアンス・ディスパージョン・シンチレーションという3要素から成り立っていますが、セントロフェリシタでは輝きのバランスをも研究し、ダイヤの選定を行います。

世界レベルの4Cの鑑定とともに、目で見た視覚的な美しさまで検証し、ブラダルリングにふさわしいダイヤモンドをお届けすることが、私たちの願いです。

page top