ゴールド素材の秘密

純金は宝飾品に向かない?

ゴールド素材の特性

現在、資産として売買されている金は、純度100%の純金(24金)が一般的ですが、純金には「硬度が柔らかい」「熱に弱い」などの特性があり、日常身に着ける宝飾品として使用するにはあまり向かないとされています。

そのため、現在日本国内の宝飾品に使用されている金の純度は18金・14金・10金が主流で、これらの金は、銀や銅といった他の金属と混ぜ合わせることにより、強度を上げています。

18金とは純金(100%)を24とした時、24分の18(75%)が金で、残り24分の6(25%)が他の金属という意味です。14金、10金になればそれだけ金の含有率が下がっていきます。

ゴールドはイエローだけではない

ゴールド素材の特性

金の色も、24金であればイエローゴールドしかありませんが、18金になると混ぜ合わせる金以外の金属(25%)によって色を変化させる事が可能となるため、イエロー以外のカラーバリエーションも楽しめます。

例えば、結婚指輪と婚約指輪専門店のセントロフェリシタでは、イエローゴールドの他に、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、ブラックゴールド、シャンパンゴールドの5種類のゴールドをご用意しており、その人の肌の色や雰囲気に、よりマッチした指輪をお選び頂けます。お二人に合ったゴールド選びも、是非お楽しみください。

page top