• TOP
  • ダイヤモンドの鑑定書について

鑑定書(ダイヤモンドトレーディングレポート)について

鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)とはG.I.A(米国宝石学会)が
定めた世界共通の基準で評価する“4C”でダイヤモンドの品質をあらわしています。

◆カラット(Carat)………重量、◆カラー(Color)………石が帯びる黄色の濃度、◆クラリティ(Clarity)……透明度、◆カット(Cut)…………輝きの良否を決定するプロポーション

頭文字をとって4つのC“4C”で評価され鑑定書に記載されます。

4Cとは?

米国宝石学会が制定したもので、ダイヤモンドを評価する国際基準として定着しています。
ダイヤモンドの鑑定書にはこの4Cが記載されており、ダイヤモンドの価値は4Cで決まります。
4Cとはダイヤモンドの品質などを評価する4つの要素で、“カラット” “カラー” “カット” “クラリティ” の各要素の頭文字に“C”がつく事から“4C”と呼ばれています。
一般的に4Cでグレードが上がると希少性が高くなるとされており、取引額も上昇します。
各要素とグレードを知る事はダイヤモンド選びには欠かせません。

セントロフェリシタのダイヤモンドはどうして安いのか?

通常のブライダルショップでは、様々な業者が仲介として入っているため、費用が上乗せされダイヤモンドの価格が決まっております。
セントロフェリシタでは、80年の販売実績からダイヤモンドの流通経路を確立し、余分なコストを徹底的に排除した価格設定を行っております。
ダイヤモンドを直接お客様へお届けする事により、高品質で低価格な“想像以上のクオリティ”のダイヤモンドを提供することができるのです。

  • AGT
  • CGL
  • DGL
  • GIA
  • AGT ジェム ラボラトリ

    国内で最も信頼のおける鑑定機関のひとつで、その鑑定技術ならびに信用性は高く評価されています。
    2015年まで4Cの生みの親であるGIA(米国宝石学会)と提携し、GIAジャパンのラボ部門と、日本におけるGIA G.G(Graduate Gemologist)の教育機関を担っていました。

  • CGL 中央宝石研究所

    国内最大規模の鑑定機関。 ベルギーに現地鑑定所をもち、HRD(※)と提携しています。
    国内で流通する宝石品質のダイヤモンドの大半を品質分析しており、信頼性には定評があります。
    その取り扱う量の多さから、業界標準と言われるまでになっています。
    最新鋭機器の導入や新技術に積極的で、現在世界的な普及をみせるハートアンドキューピット(H&C)を世界で初めてダイヤモンドサブレポートとして添付した機関であることから、この分野の先駆者と言われています。

    ※HRD(ダイヤモンド・ハイ・カウンシル):アントワープを初めとするベルギー国内のダイヤモンド総括団体。ヨーロッパを代表する鑑定、教育機関でもあり、ヨーロッパ諸国ではアメリカGIAより権威がある)

  • DGL DIAMOND GRADING LABORATORY

    AGTで長年勤めたチーフグレーダーの人たちが独立して設立した鑑定機関。
    宝石鑑別団体協議会の正会員で、全国のほとんどの百貨店で使用されている鑑定機関です。

  • GIA GEMOLOGICAL INSTITUTE OF AMERICA

    1931年に設立されたGIAは、最も高い評価を受けている世界最大規模の非営利宝石学研究及び教育組織です。
    ダイヤモンドの4Cと International Diamond Grading System™(国際ダイヤモンドグレーディングシステム)を開発したGIAは宝石学の世界的な権威であるだけでなく、公平で客観的な評価を行う機関として世界中の人々に信頼を得ています。
    華麗。稀少。宝物。
    地球上で最も愛される宝石、ダイヤモンドは、ひとつひとつが独自の個性を持っています。
    そして、その独自の特徴によってそれぞれの価値が決まります。
    GIA ダイヤモンドグレーディングレポートは、そうした品質をご理解いただくための明確で総合的な情報を提供しています。

page top